「神」がいた!

「神」がいた!

こんにちは。トリニティ・プラクティショナーのつだまりこです。

 

先日、都内で行われたトリニティのワークショップに参加してきました!

 

八ヶ岳からも、トリニティ・メソッド創始者の渡邉聡さんがいらっしゃることになり、特別な内容のものとなりました。

 

実は、このワークショップで素晴らしい体験をしたのでシェアさせていただきたいと思います☆

トリニティ・メソッドで、渡邉聡さんのもとに降ろされた新しいエネルギーは「LOVE OF GOD」というもの。

 

それは、神と人間が、共同創造をしていくためのエネルギーです。

 

わたしも、つい先日、この新しい「LOVE OF GOD」の伝授を受けて感動していたところ♡

 

今回のワークショップは、この新しい「LOVE OF GOD」のエネルギーを使ったものでした。

 

2人1組になって、お互いの目を見つめ合うというワークを行った際、相手の目を見つめているはずなのに、なぜか目の焦点が定まらず、わたしの目に見えるのは、その場にいる全員の姿。

 

その瞬間に感じたのは、すべての人が「神の子」であり、「神」はその場に常にいて、常に全てのことが見えているのだ、ということでした。

 

「神」にはすべてがお見通しで、だからこそ、どんな奇跡でも起こすことができる。

 

「神」の観点を、初めて感じることができた瞬間でした。

 

ワークショップ後、みんなでシェアをしたとき、参加者がそれぞれに感じていたのも、やはり「神」の存在でした。

 

「神」の姿が見えるわけではありません。

 

それでも、感じるのです「神」という存在を。

 

何かをお願いして実現したときや、危険を回避できたときなど、「神」の存在を自分の都合に合わせて感じたり、信じたりしているわたしたち。

 

だけど本当は、あらゆる場所に、あらゆる場面に、「神」はいる。

 

あなたが闇の中にいるときにも。

 

もしあなたが、「神」を感じたいならば、まずは無条件に「神」を信じてみましょう。

 

お願いごとを叶えてくれるから、助けてくれるから、ではなく、ただ無条件に。

 

魂は、知っています。

 

「神」の存在を。

 

あなたが「神の子」として、地球にやってきたことも。