愛を、受け取れていますか?

愛を、受け取れていますか?

こんにちは。トリニティプラクティショナーの津田麻里子です。

 

わたしたちのまわりには、いろいろな関係性が存在しています。

 

親子関係、血縁関係、夫婦関係、恋人関係、ビジネスパートナー、友人関係、上下関係、などなど、人生からは切り離せない人間関係がたくさん存在しています。

 

この関係性が、わたしたちに喜びを与えたり、ときには苦しみの原因にもなる。

わたしがボディラブに出会ったのも、この関係性で悩んでいたときに導かれるような出来事があったからでした。

 

2016年5月、わたしがトリニティのセミナーを受けたあと、創始者である渡邉聡さんのもとに、神から直接、ボディラブトリニティのメソッドが降ろされたことを知りました。

 

ボディラブは、クライアントの方に無条件の愛のエネルギーを流していくもの。

 

当時、エネルギーという目に見えないものを感じられず、理解できないわたしは、「なんか違う気がする」と感じて、興味が持てませんでした。

 

だから、その当時は、ボディラブのセッションを、自分がプラクティショナーとしてやっていくことはないだろうと思ってた。

 

時を同じくして、プライベートで起こった出来事がありました。

 

その1年程前のこと、ある男性を好きになりましたが、振られてしまいました。

 

そして、そのまま彼のことがなぜか忘れられずに過ごしていました。

 

それから連絡も取らず、わたしはただ、彼は幸せになっているんだろうな、と思っていました。

 

だけど、なぜだかわからないけど、彼から連絡が来る、という気が直感でしていて。

 

自分でも、彼に執着した感じがイヤで、ちょうどトリニティのセミナーを受けたばかりだったのもあり、彼に対する気持ちを無条件化しまくりました。

 

で、彼のことが気にならなくなって、スッキリしたなーと思っていたら、その2週間後ぐらいに、彼から突然連絡がありました。

 

こちらの様子を伺うような感じでしたが、わたしは待ちに待った連絡だったのにも関わらず、やりとりしていると、なぜか冷たくあしらってしまっていた。。。

 

当然、彼からの連絡は、それ以来ありませんでした。

 

あれだけ待っていたのに、なぜ自分がそんな対応をしてしまったのか、本当にわからなくて、ただ自分が悔しくて、悔しくて、仕方なかった。

 

そんな感じで過ごしていたら、今までしたことのないような面倒なケガをしたり、ストレスで胃炎になって、3週間まともにご飯が食べられなくなったり。。。

 

体調までも同時に悪くなり、どん底でした。

 

まさに、アトラクションのど真ん中。

思いつくものを、片っ端から無条件化しても、どん底から抜け出せずに、ずーっと考えていました。

 

そして、ある日、突然気づいたんです。

 

わたし、愛を受け取れない!!って。

 

わたしは20代後半からは、常に自分の生き方にしか興味がなかったので、ほとんど恋をすることもなく生きてきました。

 

ですが、そんな中でも、好きだった人とうまくいきそうなタイミングがあったのに、わたしがその場にいなかったり、転勤で引っ越すことになったりで、結局ダメになった恋愛が何度かありました。

 

そして、好きになってくださる男性からの気持ちも、きちんと受け取って来なかったことに気づきました。

 

あれ、わたし、何かがおかしい!!

 

その次の瞬間に、なぜか思ったのです。

 

「ボディラブのセミナーを受けなきゃ!!」と。

 

頭の片隅にもなかったのに、本当に突然に浮かびました。

 

よくわからないけど、「ボディラブをやらなかったら、このまま愛が受け取れない!」と焦りに突き動かされて、すぐにセミナー開催情報を調べました。

 

ちょうど、来週末に開催されるボディラブのセミナーを発見。

 

ボディラブが地球に降ろされて、セミナーはまだ始まったばかりの頃、問い合わせてみても、直近の希望日は既に満席。

 

なので、その次の開催日を予約しましたが、早く受講したいので、万が一、キャンセルが出たらそこに入れてください、とお願いをしました。

 

インストラクターの方からは「多分、キャンセルは出ないと思うよ」と言われたので、わたしもきっとそうだろうと思って、その次の回に焦点を合わせて気持ちを落ち着かせるつもりでした。

 

そうしたら、翌日になって「キャンセルが出ました!」とインストラクターの方から連絡が!

 

これには、インストラクターの方も、わたしもびっくりでしたが、「愛を受け取れない!」と気づいた翌週には無事にボディラブのセミナーを受講することが出来ました。

 

受講して、自分でボディラブのエネルギーを流せるようになってからは、ただひたすら、毎日自分に流し続け、自分を愛で満たし続けていました。

そしたら、まず真っ先に変わったのは、職場の人間関係でした。

 

今まで話したことのなかった人が話しかけてくれて楽しく会話できるようになったり、自分が所属している部署の人間関係が、今までよりもっと楽しく明るい雰囲気になったり、仕事そのものの幅が広がって、やりがいが増えて、さらに楽しくなっていたり、しかも、昔からずっとやってみたかったいくつかの仕事が複合的にできていたりして、驚くばかり。

 

それから、自分でできることを他の人にお願いすることが苦手で、「がんばり癖」でいつも自分ひとりでなんとかしてしまうところを、「あれやって」とか「これ持って」とか、ちょっとしたことでも、他の人に頼ることができるようになった。

 

以前は、こんな感じだったやりとりも、

男性:「これ、僕がやっとくから、いいよ」(←ちょっとだけ力仕事)

わたし:「いえ、できますから大丈夫です。やります!」(←ちょっと大変だけど自分でできるからやる)

男性:「これ、僕がやっとくから、いいよ」

わたし:「えー、いいんですかー!ありがとうございます♪」

と、こんな感じになりました。

 

何でも自分ひとりでやろうとして、誰かに甘えたり、頼ったりすることが苦手だったのに、人に力を借りてみよう、お願いしてみようと、素直に甘えることができるようになってきました。

 

ボディラブというメソッドにたどり着いたのは、生まれる前から決めていた本来の生き方へ導かれたのだと感じています。

 

実は、彼に振られた後、10人程の男性とデートしていたのですが、他の人に心惹かれることはなくて、彼じゃなければ、この導きは起こらなかったと思います。

 

彼と出会ったことに意味があったし、あのタイミングで連絡をくれた彼へは感謝の気持ちしかない。

 

まだまだ男性社会の日本。

 

女性が働いて、認められようとすると、どうしても男性と同じように、がんばってしまいます。

 

そうしているうちに、何でも自分でやっていると、与えることは上手くなっても、受け取ることが下手になる。

 

これは、物事だけではなくて、愛も同じ。

 

愛は循環させるもの。

どちらか一方ではなく、そのバランスが大切。

 

与えるばかりになっていて、受け取ることが苦手な方は、ぜひ、ボディラブのセッションを受けてみられてくださいね。

 

自分自身を愛で満たしていくと、あなたの世界が変わります。

 

愛に満たされた世界に生きていたいなら、まずは、自分自身で自分を満たして、自己充足することが一番の近道です。

 

ぜひ、セッションにいらしてくださいね!