使命は突然やってくる

こんにちは。トリニティプラクティショナーの津田麻里子です。

 

先日、『世界に応援される「私」になれたのはなぜ?』という記事を書かせていただきました。

 

去年の夏、受けるつもりのなかったボディラブ・トリニティのセミナーに急遽、参加する流れになりました。(参加までの流れはこちら「愛を、受け取れていますか?」

 

インストラクターの方から、ボディラブ・トリニティのエネルギーを伝授されたとき、「この時を待ってたんだね」と言われました。

 

そのような感覚はわたしの中にはないのに、伝授中に、なぜか涙が出てくる。

 

そして、感じていたのは、聖母マリアに「もう、自由に生きていいですよ」と許されたような感覚でした。

今までの人生で、聖母マリアのことなんて考えたことも、感じたこともなかったのに、なぜか、そのように感じたのです。

 

この出来事がセミナー終了後も、自分の頭の中から離れずに、翌月、どうしてもフルトリニティというエネルギーの伝授を受けたくなり、八ヶ岳で行われる渡邉聡さんのセミナーに参加。

 

このときに、自分が神から招集されたことに、初めて気づきました。

 

「あなたのやるべきことは、これですよ」

 

「これを望んで、生まれてくることを選んだのはあなたですよ」

 

「さあ、どうしますか。やりますか?やりませんか?」

 

こんな優しい問いかけではありません。

 

わたしの場合は「やると誓いなさい」と渡邉聡さんの言葉を通して決断を迫られました。

 

それに対して、頭では「はい」と言いたいのに、なぜか言えない自分がいました。

 

理由のわからない葛藤。

 

溢れ出て、止まらない涙。

 

ゆっくり、自分の中を感じていると、そこに浮かんできたのは「神に自分が乗っ取られてしまう。私がなくなる!」という恐怖。

 

わたしの中には、目覚めてしまったら自分の感覚や感情までもがなくなるのではないか?という恐怖があったんです。

自分の内側がちぐはぐなのに、その場で「はい」と返事をするしかなく、頭が混乱したままセミナーは終了。

 

その後は、混乱しながらも自宅に戻って、トリニティ、ボディラブ、フルトリニティのワークを自分に対して毎日やっていました。

 

そうしていると、ある日、気がついたら、生き方や、やりたいことなどの「こだわり」を手放している自分がいました。

 

人生で命を懸けてやりたいというほど拘っているものは今はないし、これから先の人生もなんとなくイメージできる。

 

そこには、すごい達成感や使命感はなく、ただなんとなく続いていく感じしかしない。

 

だったら「神」にわたしのカラダを使ってもらおう、それがわたしの命を最大限に活かすことになるだろう、そう思うようになっていました。

 

トリニティのセミナーを受けた去年の5月頃には「神」とかよくわかんないし、なんだか気持ち悪い(笑)と思っていたのに、その半年後には自分の中に「神」が当たり前のように存在していました。

完全に頭のおかしい人だわー、わたし。って思いながらも、なんだかそんな自分が愛しくて、笑えてくる。

 

完全にイッちゃって(笑)、1年前からは考えられないぐらい変化して、全てを動かしている「神」の存在を感じられる日々。

 

自分が導かれていることになんとなく気づき、神から使命に招集されたことを受け入れている自分がいました。

 

すると、身の回りに不思議な引き寄せや現実化がたくさん起こり始めたんです。

 

意図して引き寄せたいと思わなくても、必要なことがベストなタイミングで勝手に起こる。

 

それは、ポジディブもネガティブも、両方が全部ある世界。

そこに、カラダごと全部を委ねる。

 

とはいえ、自分の意識も意思も感覚も、全部あります。

 

でもそこで、自分のやりたいことより、神のやりたいことを優先して、動かされる自分を楽しむ。

 

そんな生き方を始めると、世界が「私」を応援してくれるようになります。

 

だって、世界は神が創った人間の遊び場であり、楽しみながら、学ぶ場所。

神のやりたいことを実現するために生きる人間を、神はサポートしない訳がない。

 

だからね、思わぬ奇跡もたくさん見ることができる!

 

そして、「ええー?!神、マジですか!!」とわたしたちの予想を超えた素敵な奇跡を目の前で見せてくれるんです。

わたしは今、たくさんの奇跡を見ています。

 

そして、訳のわからない(笑)自分の生き方に、今までにないくらいの充実感を感じています。

 

こんなに怪しげに「神」とか言っちゃってるけど、だけどそんな自分を「好き♥」と思える。

 

自己充足って、こういうことかー!!って目からウロコな生き方をしています。

 

あなたも一緒に、自己充足する生き方、してみませんか?